猫に与えてはいけない食べ物

ネギ類 赤血球を破壊する成分が含まれており、貧血を起こす可能性があります。
イカやタコ 消化に悪いので下痢や便秘を引き起こす可能性があります。
甘い物やケーキ 肥満や糖尿病、虫歯になる可能性があります。
チョコレート 嘔吐や下痢を引き起こし、場合によっては死に至る可能性もあります。
カフェインを含む物 心臓や神経系に異常をきたす可能性あります。
ミルク 下痢を引き起こす可能性があります。猫用ミルク以外は与えないようにしましょう。
生卵 皮膚を傷める可能性があります。(卵を与える場合はよく火を通しましょう)
生魚 食欲減退や、場合によっては死に至る可能性もあります。
生の豚肉 嘔吐や腹痛、寄生虫の原因になる可能性があります。
ドッグフード 与え続けると栄養不良や心臓に害を及ぼす可能性があります。
アワビ等の貝類 皮膚炎を引き起こす可能性があります。
キノコ類 大量に与えると死に至る可能性があります。
脂身 膵臓障害や肥満の原因になる可能性があります。
魚や鳥の骨 喉や消化器官を傷める可能性があります。
花や観葉植物 理由はハッキリとは分かりませんが、猫の草以外は与えないようにしましょう。
アルコール類 中毒を引き起こし、呼吸困難など場合によっては死に至る可能性もあります。
痛んでいる食べ物 嘔吐や下痢を引き起こす可能性があります。
パン 塩分や糖分を多く含んでいる為与えないようにしましょう。
海苔 尿路結石を引き起こす可能性があります。
人間の食事 塩分を多く含むため、肝臓に害を及ぼす場合があります。「猫まんま」も与えてはいけません。

何でも食べ物をペットに与えてしまう人がいますが、それは大切なペットを病気にしようとしている様なものです。
上記に書いている物以外にもまだまだ与えてはいけない物があると思います。病気にしたくないなら基本は食事です。
人間の食べているものを与えない。猫が食べてはいけない物は置かない。市販の専用の食べ物以外は与えない。
これが一番良いと思います。


メインページに戻る

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー