家猫 or 外猫

家猫 …… 家の中だけで飼っていて、外には一切出さない猫の事
外猫 …… 家の中と外を自由に行き来できる状態で飼っている猫の事。

「猫を飼いたいのだが、家猫と外猫どちらにすればいいのか?」これは多分答えはありません。
人によって考え方が違うので「家の中だけに閉じ込めておくなんて可哀想だ」と思う人もいると思います。
ですが、私は家猫をお勧めします。最近では外には事故だけでなく猫捕り業者なども存在するからです。

家猫のメリットとデメリット 外猫のメリットとデメリット
メリット
事故に遭わない。病気にかかり難い。
清潔にしているとノミがほとんど湧かない。
外に出さないので迷子にならない。
デメリット
爪とぎを教えてないと家の中がボロボロになる。
子猫の時にトイレを教えてないとすごい事になる。
トイレ掃除を怠ると病気にかかる場合がある。
一匹だけで飼う場合はストレスが溜まる場合がある。
メリット
ストレスが溜まりにくい。


デメリット
事故に遭う場合がある。怪我をしてくる場合がある。
ノミが湧いたり病気にかかったりする場合がある。
迷子になる。近所に猫嫌いの人がいると苦情がきたりする。

と、家猫の方が健康的には良いと思います。ですが、ここで注意して欲しいのが、外猫は家猫にはなれないと思います。
数回外に出ただけで猫は「外」という世界を知ってしまう為、家の中だけ生活さす事はできないでしょう。
家猫にするなら子猫の時から家の中だけで飼いましょう。そして外には一度も出さないようにしましょう。
できればストレス対策の為二匹以上飼うのが良いと思います。
また一匹しか飼えない場合はメス猫をお勧めします。(メス猫は一匹でもあまり夜鳴きとかはしない様です)


本当は私も外猫の方が良いとは思うんですが
自動車や猫捕り業者が普及している今、家猫にせざるおえないんですよね…。




メインページに戻る

SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー